三河アシストリファレンスのホームページにようこそ。
皆さんがこの場所へたどり着いたのは目的への途中でしょうか、それともゴールでしょうか。もしお時間を頂けますならしばしお付き合いを頂きたい。
昭和・平成・令和と時代が移りマイホームに関わる内容も大きく変わりました。
その中で特に変わったと思えるのがマイホームを建てる場所(土地)とマイホームを建てる物(建物)の価格ではないでしょうか。
三河エリアにて色々とお世話をさせて頂いておりますと脅威的な土地価格の高騰と建築コストの高騰に驚きを隠せません。
不動産業者に高騰の理由を聞くと物件が少なく需要がある為との答えです。だから値段が高騰していると言いたのでしょうが、それにしても異常な値段の付けようです。
そこにハウスメーカーとの提携で理解難しい総支払額のトリックがあります。
不動産業者へ同じ建築コストの高騰理由を聞くと資材が高騰している為に仕方なくと返答を受けます。これ以上の詳細を求めても明確な答えは返って来ません。
今のマイホーム総支払金額は格安を売りにしているメーカーと高級を売りにしているメーカーとの値段の開きが大きすぎると感じます。
そんな中で初めてのマイホーム購入を考えている皆さんは何を基準としているのでしょうか。
住宅ローンコンサルタントを行う三河アシストリファレンスへご相談を頂いた皆さんは建てる場所でもなく、建てる物でもなく、建てるための資金を一番に考えられています。
そのお客様の要望に応えるために三河アシストリファレンスでは、数ある金融機関の中でどの金融機関がお客様に対して最大の御尽力頂けるのかを模索します。
その模索内容はお客様に依って様々ではありますが、三河アシストリファレンスが選び抜いた以上の金融機関は存在しないと言っても過言ではありません。
従来、この役割を不動産業者、ハウスメーカー等が行って来ておりましたが、それはお客様の事を考え選び抜いた金融機関だったのでしょうか。
私自身、3度の住宅ローンを利用してのマイホーム購入を行って参りました。経験から申し上げますともっと購入前に他の金融機関も検討すべきであったと感じております。
それを知り考えるのは購入後の事です。しかし購入後では遅いのです。
住宅ローンは金融機関によって内容が変わります。その内容を是非ともこの場所でご確認下さい。
ご相談に関しては徹底した、「個人情報保護」、「コンプライアンス(法令遵守)の実施」、「守秘義務の徹底」に努めておりますご安心ください。
西尾・安城・刈谷・知立・豊田・岡崎・蒲郡・額田郡・豊川・豊橋などの三河全域と岐阜・長野の地域からのご相談に対応致します。